三・四種GKスクール活動報告

 9月10日(月)に三・四種のGKスクールを開催しました。たくさんのGK仲間が今回もたくさん集まってくれ、いつものごとくやる気がみなぎってきました。

 今回も三種と四種のテーマを分けてトレーニングをしました。四種は前回に引き続き「ローリングダウン」をテーマにしました。ダイビングに至る前段階として、足の下から順に地面に倒れるプレーではありますが、どの選手も積極的に取り組んでくれました。何人かはキャッチングの部分で手が壁のようになってしまっていたり、しっかりつかもうとするあまり手の大きさを変えてしまったりする選手がいたりして、ファンブルをしてしまう場面もありましたが、テーマであるローリングダウンという視点で見ると、グランダーのボールもスムーズにできるようになってきたなぁと感じています。

 途中、プレーの方向が後ろ向きになっている選手には「自分のプレーをイメージしておくことまでが、『準備』だよ」と伝えたり、自分たちでシュートを打つときには「どうすればGKのよりよいプレーにつながるだろう。」と促したりして、思考面にもコーチングしました。

 三種は「ブレイクアウェイ」をテーマにトレーニングをしました。最初は1・2年生と3年生に分かれてトレーニングをする中で、コーチがスキルを確認して1・2年生と2・3年生にカテゴリー分けをしました。今回、観点のポイントとしたのは「ボールに対して面をつくってアプローチできているか」「自分の間合いをどれだけ獲得しているか」でした。

 トレーニングでは、1・2年生には「自分の間合い(ボールの状況を見て一瞬で勝負できる)をつかむこと」「ドリブルのコースに対して面をつくってアプローチすること」などを伝えました。2・3年生にも1・2年生のファクターに追加して、敵がシュート体勢になっていてもアプローチをすることを伝えました。途中でブロッキングについても伝えたところ、ちょっと消極的になってしまう部分もありましたが、積極的な姿勢が随所に見られてよいトレーニングになったかと思います。

 次回、四種は「アングルプレー」をテーマに三種は「クロスの処理」をテーマに実施します。今回同様、たくさんのGK仲間が集まることを期待しています。