三・四種GKスクール


 野洲川歴史公園サッカー場(ビックレイク)にて、年に8回実施しています。対象年代は、三種・四種年代の小学生・中学生です。基礎・基本を丁寧に指導していますので、初心者も大歓迎です。

 GKをしてみたいなという思いがあれば、是非グラウンドにお越しください。

活動報告


三・四種GKスクール今年度予定

 今年度も以下の予定で三・四種(小学校6年生)対象のGKスクールを行います。今年度も昨年度と同様に月曜日の開催となります。また、指導者の参加や見学も歓迎しますので是非お立ち寄りください。 

【日程】

 ① 5月13日(月)19:00~ 場所:ビッグレイクB

 ② 6月10日(月)19:00~ 場所:ビッグレイクA

 ③ 7月 8日(月)19:00~ 場所:ビッグレイクA

 ④ 9月 9日(月)19:00~ 場所:ビッグレイクA

 ⑤10月14日(月)19:00~ 場所:ビッグレイクA

 ⑥11月11日(月)19:00~ 場所:ビッグレイクA

 ⑦12月 2日(月)19:00~ 場所:ビッグレイクA

 ⑧ 1月20日(月)19:00~ 場所:ビッグレイクA

三・四種GKスクール活動報告

 1015日(月)に3・4種GKスクールを開催しました。たくさんのGK仲間が今回もたくさん集まってくれて、スタッフ一同大変うれしく思います。

 今回も3種と4種のテーマを分けてトレーニングをしました。4種は「アングルプレー」をテーマにしました。どのプレーでも、大切にしたいのは基本姿勢です。トレーニング中にも「つま先の向きは?」「手の位置は?」「いつ構えるの?」などなど声をかけられている選手もいましたね。毎度のトレーニングで大切にしたい部分です。当然、トレーニングのためのトレーニングではないので、試合でも無意識の中でできるほどになりたいところです。

 さてアングルプレーを実践して感じたことは、ボールを止めた状態、いわゆる静止球でトレーニングしているときには、ほとんどの選手が正しい位置にポジショニングをすることができました。(正しいポジショニングとは、ボールとゴールの中心を結んだ線上を意識して立つこと。)ところが、ボールをサイドに動かしたとたんにフォアサイド(奥側)が開いた印象になりました。移動をしてきた勢いのままポジショニングをとってしまっているからか、ゴールポストによる意識が強いのかということが予想されます。静止球でできたポジショニングを目の前の景色と一致させながら動きの中でも正しいポジショニングがとれるようにしたいところです。

 3種は「クロスの処理」をテーマにトレーニングをしました。3種年代になってくると、4種年代に比べて、試合中にクロスボールが上がってくることがあります。またコーナーキックの際には、フォアサイドまでボールが飛ぶことも珍しくありません。そうしたときにゴールキーパーがディフェンダーのクリア処理に頼ることなく対応できる範囲が広がれば、チームメイトの守備での負担が軽減されたり、チームとしての守備範囲が広がったります。ましてや、ゴールキーパーがキャッチングしてくれたら、安心して攻守を切り替えることができますよね。

 しかしながら、普段の自チームでトレーニングとなると、あまり機会がないのか選手間にも得意不得意の差が大きく見られました。はじめのジャンプキャッチでは、「できるだけ高いところで」「タイミングを合わせて」「高いけど見える位置で」などなど大切な要素がたくさんありますが、最後には「安全確実」なプレーが望まれます。そこで今回は多くの時間を割いてトレーニングしました。そのあと、配球がサイドからになりましたが、ジャンプキャッチでした基本的な内容は変わりません。その上に「アプローチの仕方」「アプローチのタイミング」などが加わってきましたね。今後の内容になりますが、より実践的になると「ディフェンスとの連携」などが必要になってきます。

   次回1112日(月)も4種は「アングルプレー」をテーマに3種は「クロスの処理」をテーマに実施します。今回同様、たくさんのGK仲間が集まることを期待しています。


三・四種GKスクール活動報告

 9月10日(月)に三・四種のGKスクールを開催しました。たくさんのGK仲間が今回もたくさん集まってくれ、いつものごとくやる気がみなぎってきました。

 今回も三種と四種のテーマを分けてトレーニングをしました。四種は前回に引き続き「ローリングダウン」をテーマにしました。ダイビングに至る前段階として、足の下から順に地面に倒れるプレーではありますが、どの選手も積極的に取り組んでくれました。何人かはキャッチングの部分で手が壁のようになってしまっていたり、しっかりつかもうとするあまり手の大きさを変えてしまったりする選手がいたりして、ファンブルをしてしまう場面もありましたが、テーマであるローリングダウンという視点で見ると、グランダーのボールもスムーズにできるようになってきたなぁと感じています。

 途中、プレーの方向が後ろ向きになっている選手には「自分のプレーをイメージしておくことまでが、『準備』だよ」と伝えたり、自分たちでシュートを打つときには「どうすればGKのよりよいプレーにつながるだろう。」と促したりして、思考面にもコーチングしました。

 三種は「ブレイクアウェイ」をテーマにトレーニングをしました。最初は1・2年生と3年生に分かれてトレーニングをする中で、コーチがスキルを確認して1・2年生と2・3年生にカテゴリー分けをしました。今回、観点のポイントとしたのは「ボールに対して面をつくってアプローチできているか」「自分の間合いをどれだけ獲得しているか」でした。

 トレーニングでは、1・2年生には「自分の間合い(ボールの状況を見て一瞬で勝負できる)をつかむこと」「ドリブルのコースに対して面をつくってアプローチすること」などを伝えました。2・3年生にも1・2年生のファクターに追加して、敵がシュート体勢になっていてもアプローチをすることを伝えました。途中でブロッキングについても伝えたところ、ちょっと消極的になってしまう部分もありましたが、積極的な姿勢が随所に見られてよいトレーニングになったかと思います。

 次回、四種は「アングルプレー」をテーマに三種は「クロスの処理」をテーマに実施します。今回同様、たくさんのGK仲間が集まることを期待しています。

 


三・四種GKスクール活動報告

 7月9日もたくさんのGK仲間が集まってくれました。さて、今回もカテゴリーごとにテーマを分けました。四種年代は「ローリングダウン」をテーマに、三種年代は「大会直前スクール(ブレイクアウェイやCKの処理)」をテーマにして活動をしました。

 四種年代は「ローリングダウン」の基本となる足から順に体の側面から、地面に倒れていくことをはじめ、ボールの高さによって体の運び方が異なることをおさえながらトレーニングをしました。はじめは、動きがぎこちなかった選手もトレーニングを重ねる中で、スムーズにボールにアプローチする選手が増えてきました。是非ともその感覚を大切に自チームでもトレーニングを積んでほしいと思います。

 三種年代は中体連などの大会前ということもあり、試合の中で起こりうる可能性の高いプレーをトレーニングのテーマとしました。特にU-1415のカテゴリーにおいては、ブレイクアウェイやCKからのハイボール処理をトレーニングしました。どの選手も試合を想定してのトレーニングとなりとても有意義なものとなりました。

 U-13は前回のアングルプレーにボールの移動を付け加えました。角度を付けた位置からシュートをストップするうえで「ボールとゴールの中心を結んだ線上を意識して立つ」ことを静止球で再度確認しました。そのあとでボールを動かして同様のプレーをしましたが、ボールが動くだけで正しいポジショニングが難しくなってきました。「どの方法で移動をし、どのタイミングで基本姿勢をとるのか」を大切にしながらこれからもトレーニングをしてください。

 次回、9月10日(月)は、U-12は「ローリングダウン」、U-13U-1415は「ブレイクアウェイ」をテーマに活動する予定です。たくさんのGK仲間が集まることを期待しています!


三・四種GKスクール活動報告

 6月11日はたくさんのGK仲間が集まってくれました。さて、今回はカテゴリーごとにテーマを分けました。四種年代は「基本姿勢/キャッチング/ステッピング」をテーマに、三種年代は「アングルプレー」をテーマにして活動をしました。 

四種年代は今回までの積み上げを大切にしながら、着実な積み上がりを見せてくれています。特に、キャッチングにフォーカスした今回は、どのように判断して、どのようなキャッチングをすれば「安全で確実な」キャッチングになるのかを考えることができたのではないでしょうか。

 三種年代は、はじめにローリングダウンの確認をしたうえで角度を付けた位置からのシュートをストップする実践をしました。普段は頭の中で分かっている「ボールとゴールの中心を結んだ線上を意識して立つ」ことが、なかなか身につけることが難しいと感じてくれたのではないでしょうか。普段からそれを指摘してくれるコーチがいれば意識できるのかもしれませんね。自チームでトレーニングをするときにも、ときにはFW側に立って「どこに構えられるとゴールを奪いにくい」と感じるかを確認するのも良いのかもしれません。その際に、どこの試合会場に行っても変わらないもの(ペナルティーエリア・ゴールエリア・PKスポット・PKアークなど)を手掛かりにポジションを決めてみましょう。

 次回、7月9日(月)は、U-1213は「ローリングダウン」をテーマに、U-1415は「大会直前スクール(ブレイクアウェイやCKの処理)」をテーマに活動する予定です。 たくさんのGK仲間が集まることを期待しています!